DJI RS 3 combo

DJI RS 3 DJI RS 3 DJI RS 3 DJI RS 3 DJI RS 3
定価 メーカー希望小売価格
取扱説明書 下記よりダウンロード
DJI RS 3 ダウンロードページ
同梱物 ※同梱物はメーカー都合により変更となる場合があります。
最新情報はメーカー公式オンライストアの各商品ページにてご確認ください。
販売価格

価格 87,120円(税込)

 

【動画紹介】

【製品紹介】

細部まで精巧に設計されたDJI RS 3はフリーランスの映像クリエイターや複数人で撮影を行うカメラクルーに、フレキシブルかつ効率的な
撮影体験を提供します。
軽量で洗練された外観、プログレードの安定性、向上した操作性により、可能性がさらに広がり、より自由で創造的な撮影を実現します。
今すぐ、DJI RS 3を立ち上げて、最高の瞬間を捉えましょう。

スピードで、差をつけろ

すぐに撮影開始

rs3_1.jpg rs3_2.jpg rs3_3.jpg

プロ向けの安定化性能

常に滑らかに

優れた重量対ペイロード比

RS 3の総重量(ジンバル、バッテリーグリップ、クイックリリースプレート含む)は、わずか1.3 kgで、片手で簡単に持つことができます。
さらに、積載量(試験値)3 kgを誇り、Sony α7S IIIやCanon EOS R5といった主要カメラブランド製品に24-70mm F2.8レンズを取り付けた状態でも、問題なく動作します。

canonr5.jpg sonyfx3.jpg sonya7m4.jpg nikonz6ll.jpg fujifilmx-t4.jpg panasonicgh6.jpg

第3世代RS安定化アルゴリズム

次世代のRS安定化アルゴリズムにより、RS 3は、どんな撮影シナリオにおいても、高度な安定性を提供します。

ラボ環境下でのテストから得られたサンプルデータでは、RS 3の安定性は従来モデルRSC 2と比べて、20%も向上。これにより、ローアングル撮影や走りながらの撮影、ハイポジションとローポジション間の切り替えに難なく対応できます。
 
安定性テストデータ比較

想像を超える、滑らかな映像

もっと滑らかな映像を撮りたいときは、SuperSmoothモード。
RS 3は、モータートルクが強化され、安定性をさらに向上。速い動きのあるシーンでも、焦点距離100 mmのレンズを使用する場合でも、ブレない映像を撮影します。
 

迅速な制御

指先だけで操作可能

1.8インチ
OLEDタッチ画面

白黒のタッチ画面だったRSC 2と比較して、RS 3は1.8インチ OLEDフルカラータッチ画面を搭載。ディスプレイサイズも80%大きくなりました。
また、Roninアプリのほとんどの設定にアクセスでき、再設計されたユーザーインターフェースで、直感的かつ正確に設定変更が行えます。

素早い
モード切り替え

新たに搭載されたジンバルモードスイッチをスライドするだけで、パンフォロー、パン&チルトフォロー、FPVのモード切り替えを行えます。FPVモードは、3Dロール360、ポートレート、カスタムといった他のモードにカスタマイズできるため、使用する機材に合わせて調整でき、使いたい機能を素早く起動できます。

カスタム可能なフロントダイヤル

フロントダイヤルを回転すると、ズームやフォーカスを制御できます。
また、フロントダイヤルは、カメラのシャッター、絞り、ISO[2]やジンバルの動きを制御するようにカスタマイズ可能。
片手での操作を、より自分好みの使いやすい設定に変更できます。
 

効率的な映像伝送

高い実用性と効率性

スマートフォンで、モニタリング

RS 3は、Ronin 映像トランスミッター(旧RavenEye 映像伝送システム)[3]に対応。1080p/30fpsのHDライブ映像を直接モバイル端末に伝送します。
最大伝送距離は200 m[4]で、終点間の伝送遅延はわずか60 ms[4]。スマートフォンホルダーを使って、RS 3上のNATOポートにスマートフォンを取り付けると、スマートフォンをワイヤレス モニターとして利用できます。
 

モニタリングと制御を、1つのデバイスで

Roninアプリを使えば、直接カメラの露出をリモート操作したり[2]、 仮想ジョイスティックでジンバルを制御したり、 同じデバイス上で、モニタリングと制御のどちらも行うことができます。
 

Force Mobile

Ronin映像トランスミッターを使用すると、スマートフォンをモーションコントローラーとして使うことができます。スマートフォンがRS 3のジンバルを遠隔操作して、より柔軟でダイナミックなカメラワークを実現します。
 

プロ向けのバッテリー設計

撮影にフォーカスできるように

クイックリリース設計

刷新されたRS 3のバッテリーグリップにはクイックリリース設計が施され、RSC 2と比べて、バッテリー交換がより簡単になり、サイズが小さくなったことで、収納もしやすくなりました。さらに、バッテリーをジンバルから取り外して、単独で充電することもできます。

駆動時間12時間 +
高速充電対応

バッテリーグリップは最大12時間[5]駆動するため、一日中続くような長時間の撮影にも十分対応することができます。18WのPD急速充電に対応し、充電時間はわずか2時間半です。充電しながら使用することもできるため、RS 3に継続的に電源を供給し続けられます。

インテリジェント機能

創造力を開放する
モーションラプス
トラッキング
パノラマ

アクセサリー

可能性を広げる拡張ツール

新ブリーフケースハンドル[6]

再設計されたブリーフケース ハンドルは、折りたためるので収納しやすく、人間工学にもとづいて設計されたハンドルにより、容易に素早く装着し、ブリーフケースモードに切り替えることができます。
内蔵コールドシューマウントや1/4-20の取り付け穴を使用して、撮影を補助するための外部モニターを取り付けることができ、ローアングル撮影でのカメラワークをより直感的に行えます。

刷新されたフォーカスモーター[6]

次世代のDJI RS フォーカスモーター (2022)は、前モデルよりもトルクが3倍(最大1 N•m)強力になり、音声ノイズは50%低減されています。これにより、フォーカス調整がスムーズに行え、撮影時の音声への影響も少なくなっています。
また、クイックリリース設計を採用し、他にツールを用意しなくても簡単に組み立てられるので、すぐに使用できます。

垂直カメラマウント[3]

垂直カメラマウントを使用すると、カメラのポートを塞がずに、RS 3にカメラを縦向きに取り付けることができます。様々なアングルでのポートレート(縦向き)撮影が簡単に行え、SNS用の高品質の映像を撮影できます。

多様な操作モード

いつでも最適なフォームで
rs3_4.jpg rs3_5.jpg rs3_6.jpg rs3_7.jpg

1. 対応するカメラモデルに関する詳細は、対応カメラ一覧を確認してください。
2. カメラ制御ケーブルが必要です。対応カメラモデルの詳細は、対応カメラ一覧を確認してください。
3. 別売になります。
4. 無線信号が遮られない、閉鎖環境で、理想的な条件下で、FCC規格およびSRRC規格を用いてテストを実施(CE/MIC(日本)規格を用いた場合は最大100 m)。実際とは異なる場合があります。
5. 機材が水平に静置され、ジンバルのバランスが取れ、3軸がアクティブ状態で、バッテリーのみでジンバルに電源供給している時に測定。
6. 使用するには、コンボを購入するか、個別で購入する必要があります。

 【同梱物】

ジンバル
BG21グリップ
USB-C充電ケーブル
(40cm)
レンズ止着サポート
延長用グリップ/三脚
(プラスチック製)
クイックリリース プレート
(Arca-Swiss/Manfrotto用)
マルチカメラ制御ケーブル
(USB-C、30cm)×2
ねじキット 
キャリーケース
ブリーフケースハンドル
フォーカスモーター
(2022)
フォーカスモーター
ロッドマウントキット
フォーカスギア
ストリップ
レンズサポート
(ストラップ固定式)

 
 
 

 【関連商品】

 

DJI RS

BG21グリップ

11,000円(税込)
 

DJI LiDAR

レンジファインダー(RS)

68,200円(税込)
 

DJI RS

ブリーフケースハンドル

6,160円(税込)
 

DJI RS

フォーカスモーター(2022)

15,730円(税込)
 

DJI

映像トランスミッター

129,800円(税込)
 

DJI R

ツイストグリップデュアルハンドル

13,530円(税込)
 

DJI R

チーズプレート

2,442円(税込)

【スペック】

周辺機器
アクセサリーポート NATOポート
1/4-20 取り付け穴
コールドシュー
映像伝送/フォーカスモーター ポート (USB-C)
RSSカメラ制御ポート (USB-C)
フォーカスモーター ポート (USB-C)
バッテリー モデル:BHX711-3000-7.2V
種類:2S
容量:3000 mAh
電力量:21 Wh
最大 動作時間:12時間[1]
充電時間:約2.5時間(18W充電器を使用時。PD急速充電プロトコルに対応)
推奨充電温度:5℃ ~ 40℃
接続 Bluetooth 5.0
充電ポート(USB-C)
Roninアプリ要件 iOS 11以降
Android 7.0以降
タッチ画面 対応言語 英語、簡体中国語、繁体中国語、ドイツ語、フランス語、韓国語、日本語、スペイン語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語、タイ語
動作性能
積載量(試験値) 2.400~2.484 GHz
最大制御回転速度 パン:360°/s
チルト:360°/s 
ロール:360°/s
機械的可動範囲 パン軸:360° 連続回転
ロール軸:-95° ~ +240°
チルト軸:-112° ~ +214°
機械的および電気的特性
動作周波数 2.400~2.484 GHz
Bluetooth 送信出力 <8 dBm
動作環境温度 -20°C ~ 45°C
重量 ジンバル:約990 g
グリップ:約200 g
延長用グリップ/三脚(プラスチック製):約183 g
上部および下部クイックリリース プレート:約107 g
サイズ 折りたたんだ状態:254×230×68 mm(長さ×幅×高さ。カメラと延長用グリップ/三脚を除く)
展開状態:364×187×170 mm(長さ×幅×高さ。高さには、グリップを含み、延長用グリップ/三脚は除く)
DJI Ronin 映像トランスミッター
接続 電源/通信ポート(USB-C)
HDMIポート (Mini HDMI)
RSSカメラ制御ポート (USB-C)
拡張ポート コールドシュー
動作周波数 2.400〜2.484 GHz
5.725~5.850 GHz(日本国内は2.4 GHz帯のみ利用可能)
重量 126 g
サイズ 82×63×24 mm(長さ×幅×高さ)
伝送電力 (EIRP) 2.400~2.484 GHz:
<25 dBm (FCC)
<20 dBm (CE/SRRC/MIC(日本))
 
5.725〜5.850 GHz:
<25 dBm (FCC/SRRC)
<14 dBm (CE)
バッテリー 容量:2970 mAh
対応充電器:5V/2A
充電時間:約2.5時間
最大バッテリー駆動時間:約3.5時間
伝送範囲 200 m (SRRC/FCC)[2]
100 m (CE/MIC(日本))[2]
遅延 60 ms
動作電流/電圧 900 mA、3.7 V
動作環境温度 0℃~45℃

1. 機材が水平に静置され、ジンバルのバランスが取れ、3軸がアクティブ状態で、バッテリーのみでジンバルに電源供給している時に測定。
2. 障害物や電波干渉のない開けた場所で測定。
※記載の数値に誤差が生じる場合があります。
※製品の仕様は予告なく変更になる場合があります。

【おすすめ商品】

djicpfpv1.jpg n_1157985p3.jpg n_1157978p2.jpg n_1157948p1.jpg

MAVIC3

その映像は、全てを凌駕する

数々の歴史的瞬間を見つめてきたHasselbladのカメラを携え、Mavic 3は、全方向障害物検知で安定した飛行を確保しながら、息を呑むような映像を捉えることができます。
あらゆる機能が進化し、空撮の新たなスタンダードを築き上げます。
さあ、全てを凌駕する映像を、このMavic 3で捉えよう。

 

DJI Mini3 Pro DJI Mini3 Pro DJI Mini3 Pro DJI Mini3 Pro

DJI MINI 3 PRO

ミニ。でも、プロ

携帯性抜群のミニドローンDJI Mini 3 Proは、そのサイズからは想像できないほどパワフルです。重量249 g未満の軽量ボディに、1/1.3インチセンサーとプロレベルの撮影機能、そして、Miniシリーズ史上最高の安全機能を搭載した、ユーザーフレンドリーで高性能なこのドローンは、今までのミニサイズドローンのイメージを覆します。

 

 

DJI FPV

飛行の新次元へ

スピーディーでパワフル
疾走しよう、その先の飛行の新次元へ
 
詳しくはこちら

 

MAVIC AIR 2S

すべては、その一瞬のために

600g以下のコンパクトボディ
究極の使いやすさを実現
 
詳しくはこちら

 

DJI MINI2

飛び出そう、ワクワクする世界へ

4K動画撮影&ズーム対応
航空法対象外の199gドローン
 
詳しくはこちら

 

 PHANTOM 4 PRO V2.0

あらゆる人を、空撮のプロフェッショナルへ

プロレベルの空撮映像を撮影する為に
必要な機能を備えたドローンです
 
詳しくはこちら

製品案内

新商品

ベストセラー

熊本県ドローン技術振興協会
指導員としてサポート致します。


一般財団法人 熊本県ドローン技術振興協会の安全講習会にて、指導員を務めさせて頂いております。現在ドローンは産業用機械としての進歩は、めまぐるしいものがあります。測量・点検・撮影など今後も色々な業界で活躍するドーロン。飛行技術の向上や、実際の現場での飛行に役立つ情報、最新の機体・不具合情報などいち早くお届けすることができます。
 

国土交通省認定「技能認定試験」実施について
「無人航空機技能認証試験講習」について


一般財団法人熊本県ドローン技術振興協会は6月中旬より、国土交通省の方針に則った、 「無人航空機技能認証試験」講習を行い、実技試験に合格した方に、「無人航空機技能認定証」を発行いたします。